CB350フォアの美しい空冷エンジンです。
このバイクの特徴は何といっても冷却フィンの造形です。
ピッチの小さい奥行きのある形状は昔のオートバイの特徴ともいえます。
まさにこのバイクの顔となりうる部位です。

造形が角張ってなく、丸っこいのは当時のアルミダイキャスト技術が今ほど優れていなかったからです。
それ故に、レトロ感たっぷりのフォルムとなっています。

このバイクのエンジン音はうるさくカシャカシャとせわしなく回るのですが、そこがまたレトロ感を倍増します。

ホンダのCB系はカムチェーン音がうるさいのが特徴。
シャラシャラという音は正常音なのです。

著者

fujise shigeru

オートバイが好きで、たまに小説を読んでます。 気が向いたら写真なんかを撮り、健康のために走ったりもしてます。 そんな雑多な日々をブログにアップしてます。 気が向いたら書くという感じですが、共感していただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  1. ホーム
  2. オートバイ
  3. 美しきインラインフォアのエンジン