本田技研工業の代表的な名車、CB750Four。空冷インラインフォアの750ccのOHCエンジン。
丸みを帯びたヘッドカバーと薄くピッチの狭い冷却フィンがレトロ感十分です。
集合マフラーではなく、四本マフラーからの排気音は迫力があります。

四気筒エンジンの調子は四つそれぞれの気筒の調教の仕方で決まります。
今のバイクと違って付属部品が少ないため、キャブを取り外してしまうとフレームとエンジンだけのシンプルな構成。
フレームがエンジンを抱え込んでいるという感じです。







著者

fujise shigeru

オートバイが好きで、たまに小説を読んでます。 気が向いたら写真なんかを撮り、健康のために走ったりもしてます。 そんな雑多な日々をブログにアップしてます。 気が向いたら書くという感じですが、共感していただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  1. ホーム
  2. オートバイ
  3. ホンダの代表名車 CB750Four